S'il suffisait de se coller un timbre rare sur le dos pour se retrouver à l'étranger !
( Jules Renard )
背中に珍しい切手を貼っておくだけで外国に行ければなあ!

 ジュール・ルナール( Jules Renard、1864年~1910年 )は、17歳でパリに出てリセに入り高等師範学校(École Normale Supérieure)を目指すが、成績もふるわず、また文学や演劇に傾倒したこともあって、進学は断念して創作活動を始める。文芸雑誌『メルキュール・ド・フランス(Mercure de France)』の創刊にも尽力し、詩や小説、評論を載せて次第に知名度を上げていく。1894年には代表作『にんじん(Poil de Carotte)』を発表した。

ジュール・ルナールについてもっと知りたいなら、
→ 日本語版 Wikipedia
→ フランス語版 Wikipédia


ancien numéro( back number )2018年
3月18日 Dominique Glocheux
3月11日 Sacha Guitry (2)
3月4日 Johnny Hallyday
2月25日 Smaïn Faïrouze
2月18日 Stendhal (4)
2月11日 Pablo Picasso (5)
2月4日 Pablo Picasso (4)
1月28日 Pablo Picasso (3)
1月21日 Marguerite Duras
1月14日 Jean Yanne
1月7日 René Barjavel